SBCメディカルグループ > トップメッセージ

SBCメディカルグループとは

トップメッセージ トップメッセージ

トップメッセージ

医療サービスであなたに輝きを。 医療サービスであなたに輝きを。

私自身が抱えたコンプレックスが、医師を目指すきっかけに。

医療を通じて人の心を前向きにさせることができる美容医療の可能性に魅力を感じ、2000年に藤沢の地に湘南美容外科クリニックを開院。その頃の美容医療は金額も効果も不透明なグレーな世界でした。これがこの19年でかなり変化してきています。美容整形に対するこれまでの暗いイメージは払拭され、エステに通う時と変わらない気軽さで、お客様が美容外科クリニックに足を運んでくださるようになりました。「きれいになって前向きに生きたい」という願望を叶えるために美容医療のような医療サービスがあるのはごく自然なことだと、世の中に受け入れられるようになってきたのだと、私は感じています。

私が少年の頃、自分自身の背が低いことに悩み、両親と医師に相談しに行ったときに言われた一言が「大丈夫だ。健康だから、気にせずに勉強しなさい」でした。彼には私の心の悩みは伝わりませんでした。医師として生きることを決めてから、病気や怪我を治すようなマイナスからゼロに戻す医療も必要だろうけど、心の闇を払うようなゼロからプラスにしていく医療も必要なのではないかと思うようになりました。

医療とは「医術で人々の生活をプラスにすること」。保険診療、自由診療の枠にとらわれずできるだけ多くの人の悩みや患いにいい「医療サービス」を提供し、お客様が笑顔になったり、もっといろいろなことがしたいという気持ちになったり、もっと生きたいという思いになったり、それがSBCメディカルグループの喜びであり、お客様に提供できる価値だと思っています。

SBCメディカルグループでは、美容外科に留まらず、不妊治療、整形外科の再生医療治療など10以上の診療科目を展開しています。これからもよりよい「医療サービス」を提供していく上で、まずお客様に幸せになってもらうことを考え、実践する。そうすれば、スタッフは自分の仕事に誇りや、やり甲斐を感じることができます。その結果、SBCメディカルグループは社会になくてはらならないクリニックとして、社会に貢献し続けられます。
これが、私が目指す「究極の三方良し」です。

この「究極の三方良し」を意識しながら、今後もお客様に安心して受けていただける「医療サービス」を提供し続け、日本を代表する「総合医療グループ」として存続していきたいと思っています。


2019年10月吉日
SBCメディカルグループ代表
相川 佳之