SBCメディカルグループ > ICL / レーシック(近視治療)

医療サービス

ICL / レーシック(近視治療) | SBCメディカルグループ

メッセージ

当グループでは、「近視治療」にも着目しております。日本では、約4000万人の人が近視と推定されています。近視対応として眼鏡、コンタクトレンズ、治療としてレーシック、ICL(眼内レンズ)があります。レーシックもICLいずれも厚生労働省の認可がとれており、レーシックは「角膜にレーザーをあて屈折力を調整します」、ICLは「視力矯正レンズを眼内に入れ屈折力を調整します」。治療を行うことによって、日々のメンテナンスの煩わしが解消され、「見える」ことが生活の質を格段にあげます。強い近視や乱視、メンテナンスが煩わしいと思っている方に、手間がかからない毎日を送るための医療サービスを提供しております。※ICL/レーシックの治療はいずれも適合検査がございます。

対応医院

新宿近視クリニック 新宿近視クリニック

新宿近視クリニック

新宿近視クリニックは、レーシックだけのクリニックではありません。レーシック以外に、角膜に直接的にレーザーを照射する『ラゼック』、視力矯正レンズを角膜内に挿入する『ICL(眼内コンタクトレンズ) 』、レンズを就寝中に装用する『オルソケラトロジー』などがあります。また、日本国内に数台しかなく、次世代の視力治療と言われている『ReLEx SMILE(リレックススマイル)』をいち早く導入しております。患者様にとって、手術することだけが最適とは限りません。健康の状態を良好に維持できるようにし、快適な生活をお送りいただくことが当院の使命だと考えております。